パソコンを使用している父子

システムの効率化

私は現在サラリーマンとしてソフトウェア開発を行う企業に勤めています。私の勤める企業では、社員の教育の一環として、WEBを用いた社員教育を行っています。このような教育は年に4回ほどありますが、その多くはサラリーマンとして働くうえで最低限必要なモラルやコンプライアンスなどのものが中心です。ただ、会社の業務時間中にしかできないこともあり、毎回実施を完了させることには非常に苦労しています。たいていのものは3ケ月程度の猶予が完了までに設けられていますが、毎日の業務で忙しくしており、なかなかそのような時間をとることができず、気が付けば期限が近付いているといったことが多々あります。そのためスケジュール管理をきっちりするようにしています。

その内容はこのような教育が必要となったときは時間がないながらも、まずはその目次に一度眼を通しておくことです。そうすることで全体の 規模や内容を理解することができます。次に行うのはそれをスケジュールに落とし込んでいくということです。どうしても最後の期限ぎりぎりにすべてを実施するのは難しいため、一つ一つの単元の期限を最初に決めておきます。そうすることで、少しずつ期限をもって、一つ一つの単元を焦ることなく実施していくことができます。各単元のないような簡単ながらも非常に重要なものが書かれていますので、ちゃんと計画性をもって実施することが自身のスキルアップにもつながりますし、時間を無駄にしないことにもなると考えています。