パソコンを使用している父子

コーディングの利点

中学生になると、生徒のおよそ50%弱の人が学習塾への通塾をするといわれています。これらの数字の裏返しから、ふと想像される父兄の方もおおいと思われます。また指摘ではありませんが、複雑多様な教育へのニーズは千差万別です。もちろん、優秀な成績だから塾に通う、なんていう生徒ばかりでもありません。一般に塾は、学習支援業という産業分類になります。おおむね、教育への熱心な啓蒙をされる父兄の方は、優秀な成績をあげるために、どのような教育が大切なのかを考えられるでしょう。当然のように、家庭教師のような個別指導が有力な手段になります。そこでもう一歩、進化する学習支援業として、WEBスクールが誕生しています。家庭教師が家に来るという、難点を克服した新しい学習の方法となるのです。

夕方から日没にかけて、やっと通っている塾に着いている。塾から帰ってくると、10時くらいの時間になり、心配する。そういったご父兄の気持ちは、塾を新しい手法へと代えました。塾で習うのが、個別指導式ならば、家のパソコンで添削やノート書きができれば、同じなのです。こうした手法は、大手の予備校や進学塾が動画配信の方法を、開発している状況であります。また特徴的なのは、指導する教科担当の選別が、有名な大学生によって動画配信する塾が出てきています。なので全国を北海道~九州などの各地域に分けて、ケーブル配線をつかっている教室も存在しているということになります。また人気有名な大学生が登場していたりします。WEBカメラのまえにいる学生は生徒との、やりとりは十分にできるわけですから、映像を配信するWEBスクールは、段々登場してきているわけです。